お知らせINFORMATION

2022/05/31

2022年産「軽井沢産山桜はちみつ」「信州立科産リンゴはちみつ」採れたて新蜜販売開始のお知らせ

日毎気温が高くなり、初夏のような日も増えてまいりました。いかがお過ごしですか?

2022年産「軽井沢産山桜はちみつ」「信州立科産リンゴはちみつ」の新蜜販売を、本日5月31日より開始いたします。どちらも、5月に満開になった花からミツバチたちが一生懸命集めてできたはちみつです。

 

初春より大変多くのお客様よりお問い合わせをいただき、楽しみにしていただいていることが伝わってきて、本当にありがたい気持ちです。巣内で十分に完熟してから採蜜を行うため、通常より長くお待たせしてしまい、恐縮です。

 

はちみつは、同じ養蜂場で同じ方法で採蜜しても、毎年、色・風味が異なります。今年の山桜はちみつは、華やかな香りと優しい甘味のバランスが良く、リンゴはちみつは、フルーティーさを残しつつ、爽やかな風味です。ぜひ、今年だけの旬の花の風味をお楽しみくださいませ。

 

 

●「軽井沢産山桜はちみつ」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

●「信州立科産リンゴはちみつ」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※糖度・水分量ともに申し分ない良質なはちみつのみを厳選してお届けいたしますため、数量に限りがあります。限定数よりスタートし、在庫の状況を見ながら、随時追加を行ってまいります。一度にたくさんお買い求めになりたいお客様で、カートにご希望数が入らないなどありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

採蜜の時の様子を少しだけお写真でご紹介します。ミツバチたちの羽音をお伝えできないのが残念ですが、とても長閑な風景の中の…実は重労働です。

 

 巣内で完熟されたはちみつの巣枠は、ずっしりと重いです。ミツバチたちと会話しながらの作業                      


 

  整然と並べられたたくさんの巣箱 養蜂場の管理状態は、そのままはちみつの美味しさに反映されます

                     

           可憐なリンゴの花

                      

 

           作業の後の食事タイム。飯島さんの幸せそうなお顔!

                      

           遠心分離機は必需品です (私もだんだん慣れてきました?!)

 

 

 

 

国産はちみつへのこだわりMESSAGE

国産はちみつの自給率は7%程度とも言われ、本物の日本のはちみつを口にしたことのない方が増えています。それどころか、はちみつはミツバチたちが色々な花から集めた蜜からできている、ということを知らないお子様が多い、というショッキングなお話をある養蜂家様から伺いました。
ハニープラントは、ミツバチたちが命をかけて集めた自然からの贈り物にできるだけ手を加えず、本物のはちみつだけが持つ自然のままの香りと味わいを安心してお楽しみいただきたいと考えています。そして、いつもの食卓に、あたりまえのようにお好みの国産はちみつが添えられている、そんな風景を思い描いています。
お届けするはちみつは、すべて国産の「生はちみつ」です。水分を飛ばすための加熱を行っておらず(非加熱)、添加物・着色料・保存料・人工甘味料を一切使用していません。
「生はちみつ」には、ブドウ糖・果糖などをはじめ、10数種類のビタミン類、カルシウム・鉄など27種類のミネラル、さらにアミラーゼなど約80種類の酵素、乳酸菌など、健康の源となる栄養がたっぷり含まれています。
ティースプーン一杯の幸せを、一人でも多くの方に味わっていただきたく、各地の提携養蜂家様とともに、選び抜かれたはちみつだけを大切にお届けしているのです。
※はちみつが結晶して固まってしまった場合は、風味や栄養が損なわれないように、容器の蓋をはずし45℃以下のお湯で湯煎してください。
(注)1才未満のお子様については腸が未発達のため、はちみつの摂取により『乳児ボツリヌス症』を引き起こす危険性がありますので、決して与えないでください。